So-net無料ブログ作成
検索選択

ドラムは難しい楽器?⑤

スポンサードリンク



ウメです。

今回は、ドラム初心者を阻む幻想のハードルの4つ目、「体力がないと演奏できない」について解説したいと思います。

ドラムという楽器の第一印象として、「スポーツ的な要素」を連想する人も多いかと思います。確かに、ドラムは他の楽器と異なり、全身を使って演奏する楽器ですから、「叩くのに体力を使うのではないか?」といった疑問が浮かぶのも、無理のない事でしょう。

これについても、答えは「ノー!」と言い切りたい所なんですが、実際問題、ドラムを演奏すると、ある程度は体力を消耗しますし、筋肉痛も起こります(笑)。やはり楽器でありながら、「運動的」な部分は否定できませんね。

しかし!裏を返せば、このスポーティーさこそが、ドラムの大きな魅力でもあるわけです。体力を使うからと言って、特別に筋トレをしたり、走り込んだりする必要は全くありません(笑)。ドラムを叩く時に生まれる適度な運動を、ぜひ楽しんでみましょう。

実は、ドラムは心にも体にも、健康面で非常に良い効果をもたらすというデータもあるので紹介します。

ドラムは両手両足を動かすので、ビートを刻んでいるうちに心拍数が上がり、やがて汗をかきます。特に、肩甲骨を動かす動作には、全身を活性化させる働きがあるため、体全体がアクティブになってきます。

さらに、見ての通り、ドラムは他の楽器に比べてエネルギーを大きく発散させる事ができるため、ストレス解消にもつながります。

また、ドラムの音色や響き自体が、人間の本能に作用し、セラピー効果をもたらすという事で、子供の教育やお年寄りの老化防止のため、ドラム演奏を取り入れる事例もあるほどです。

いかがでしょうか?これらをまとめると、「ドラマー人口が増えれば、ヘルシー人口も増える」という事になるのですが(笑)、特に健康志向ではないドラマーにとっても、演奏時における運動から得られるメリットは大きいというわけです。

このようなデータから見ると、ドラムは女性の美容にもイイかも知れませんね。あ、もちろん男性の美容にも(笑)


ビギナーから上級者まで。ドラマーの悩みに合わせた安心のコンサルティング↓
http://www.music-ability-plan.jp/

スポンサードリンク



ドラムは難しい楽器?④

スポンサードリンク



ウメです。

今回は、ドラム初心者を阻む3つ目のハードルである「器材費等、費用がかかる」について解説します。

「ドラムって、お金がかかるんだよね?」

楽器をやっている人・やっていない人に関わらず、ドラムについてこのように思っている人は少なくありません。まぁ無理もないと言いますか、ドラムセットは見た目が大きいものですから、最初に楽器を買い揃えるという準備段階だけでも、結構な金額を想像してしまうのでしょう(汗)。

でも安心して下さい!これも答えは「ノー」です。意外に思われるかも知れませんが、むしろ他の楽器よりも費用が少なくて済む位なのです(笑)。

まずは「最低限」、初心者ドラマーが用意するべきものとしては、

スティック2本」(¥1000前後)

以上!です(笑)。前回は、ドラムセットを置けない自宅での練習方法をご紹介しました。各ドラムパーツは、他のもので代用できるのですが、どうしてもスティックだけはジャストの代用品が見当たらない事と、やはり手に直接触れる道具なので、常に握ってなじませておいた方が良いという意味で、購入をオススメします。

もちろん、スティックは消耗品です。ドラムを叩いているうちに折れたりヒビが入ったりするので、その時は交換する必要がありますが、ギターやベースの弦に比べれば、交換のスパンははるかに長く、とても経済的なのです。

あとは、音楽スタジオで実際のドラムセットを叩く時にかかる「スタジオ料金」ですが、これも「高いんじゃない?」と思っている人は多いと思います。店舗や部屋の大きさ、時間帯によっても料金は異なるのですが、平均的には、1時間当たり¥1000位が相場です。中には、¥500という場合もありますので、ベストなスタジオを探してみると良いでしょう。

このように、スティック代とスタジオ代だけあれば、気軽にドラムをスタートする事ができるのです。いかがですか?意外と安いですよね。そして、徐々に上達していく中で、サウンドや使い勝手、ルックス等へのこだわりが生まれてきた時に初めて、自分のドラムを購入すれば良いのです。

自分のドラムと言っても、セット一式を一気に揃える必要はありません。一般的には、スティックの次は「ドラムペダル」、その次に「スネア」といった感じです。スティック1つでリーズナブルに始められるドラムですが、ゆくゆくは、ペダルとスネアだけは自前のものを購入する事をオススメします。この2点は、使う頻度が非常に高いパーツなので、より自分になじんだものの方が、常に良い演奏ができるからです。

その後は、「チャイナ」「スプラッシュ」「カウベル」等々…。こだわりやプレイスタイルに合わせて、必要なものを無理のない範囲で買い足していけばOKです。余談ですが、楽器購入の際のコツは、「一切妥協しない」事。安さや評判だけで安易に選ばず、自分が心から「コレだ!」と思ったものだけを、惜しまず購入するようにしましょう。

単純に金額の高低の問題ではないのですが、自分の念願の楽器・憧れの楽器というのは、多少は背伸びしてでも手に入れる事で、得られるモチベーションが全く変わって来ます。目には見えないものですが、そのパワーは計り知れないものがあり、その後の楽器上達の早さにも大いに影響してくるのです。


ビギナーから上級者まで。ドラマーの悩みに合わせた安心のコンサルティング↓
http://www.music-ability-plan.jp/

スポンサードリンク



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。