So-net無料ブログ作成
検索選択

リズムキープ練習法  ~後編~





ウメです。

ドラマーがリズム感を鍛えて「体内リズム」を確立するためには、どうすれば良いか?

「ひたすら練習する」

これしかありません(笑)。基礎を身に付けるのに、残念ながら回り道はないのです。こればっかりは、知識面や気合いだけでいくら踏ん張ってもムダ(涙)。「言うは易く行うは難し」です。筋トレと同じですね。

トレーニング方法は簡単です。クリックを聴きながら、スタンダードな8ビートを叩いてみます。「ピッピッピッピッ」というクリック音に合わせて「ドッ・パン・ドド・パン」といった感じで、1回につき2〜3分の間叩き続けます。始めはテンポ♩=120~140位が良いでしょう。速いor遅いテンポは難易度が高いので、慣れてきてから行うようにします。

始めのうちはクリック音に縛られて、どうしてもリズムがヨレてしまいがちですが、気にせずに「クリックにジャストで合わせる」事だけに集中して、辛抱強く続けて下さい。クリックが聴き取りづらい場合は、耳を痛めない程度に、多少音量を上げても結構です。

このトレーニングを日々続けていくと、次第に感覚がつかめてきて、ドラムをクリックとジャストに合わせられるようになってきます。そうしたら今度は、クリックを「裏拍(うらはく)」で聴きながら叩いてみましょう。先程の「ピッピッピッピッ」に対して、「ッピッピッピッピ」に合わせて8ビートを叩きます。若干、難易度は高いですが、これによって「裏ノリ」のリズム感が手に入ります。

慣れてきたら、テンポを色々と変えてみたり、16ビートや6/8拍子等にも挑戦してみましょう。次第に、クリックに必要以上に耳を傾けなくても、クリックの方が自分のドラムに付いてくるような感覚になります。ここまで来たら、体内リズムが鍛えられている証拠。まさに「クリックの呪縛」から解き放たれたという事ですね。

クリックに合わせる練習に関しては、スタジオミュージシャン・そうる透さんの教則DVD「ドラムのいろは」を参考にしてみても良いでしょう。とても勉強になりますよ。

このように、ドラマーの生命線でもあるリズム感を養うためには、日の当たらない地道なトレーニングあるのみです(笑)。しかし裏を返せば、このリズムの基礎さえ固めてしまえば、演奏の自由度は格段に高まり、ドラムという楽器がさらに楽しくなる事は間違いないでしょう。

ビギナーから上級者まで。ドラマーの悩みに合わせた安心のコンサルティング↓

http://www.music-ability-plan.jp/






リズムキープ練習法 ~前編~





ウメです。

当たり前の話ですが、ドラマーにとって「リズムキープ力」は必須項目です。リズム感のないドラマーなんて、鼻で笑われちゃいますからね!

なーんて偉そうに言っている私も、10代の頃はリズムキープが大の苦手でした。スタジオやライブで演奏していると、徐々にテンポが走ってくるのです。そして最終的にはバンドメンバーから、「速過ぎて合わせられない」と苦情を言われる始末(笑)…。

だけど音楽を無邪気に楽しんでいた当時の私は、あまり気にも留めていませんでした。モタる位なら走った方がカッコイイし、「機械じゃないんだからさ、多少のズレが人間らしくてイイんだよ」と自分勝手に解釈して、リズムキープについては練習を怠っていたのです。

そんな私が「リズム様」のシッペ返しを食らう羽目になったのは、バンドのデモテープを作るために初めて行ったレコーディングの時でした。

レコーディングとは言っても、当時はお金が無かったので、自分たちでリハスタを借りての完全自主制作でした。もちろんエンジニアも自分たち。私たちは「プライベート・レコーディング」初体験に、ドキドキワクワクしながらスタジオに入ったのでした。

まずはドラム録りです。通常、レコーディングはドラムから最初に行います。続けてベース→サイドギター→リードギター→ボーカルといった具合に、リズム隊からメロディー隊へと重ね録りしていくのですが(「一発録り」と言って、ライブ感を出すためにバンド全体で一気にレコーディングする手法もある)、何事も最初が肝心という通り、レコーディングではトップバッターのドラム録りのクオリティーが作品の出来を占うわけです。

録音する前に一度リハーサルをしておこうと思った私は、ヘッドフォンから流れるクリック(メトロノーム音)を聴きながら、何気なくドラムを叩き始めました。ところが、生まれて初めてクリックに合わせてみてビックリ。アレレ?全く合いません(汗)…。「ピッピッピッピッ」という音にジャストで合わせようと意識すればする程、ドラムが走ったりモタったり…。言うまでもなく、私にとってのレコーディング初体験は、ほろ苦いものとなりました(涙)。

俗に「クリックに縛られる」とか言いますが、まさに「体内リズム」が定まっていなかったために起こった現象だったのです。

~後編に続く~

 

ビギナーから上級者まで、一人一人のドラマーに合わせた安心のコンサルティング↓

http://www.music-ability-plan.jp/






ドラマーとベーシストの関係





ウメです。

引き続き、ドラムとベースの関係性についてです。

ドラマーにとってべーシストとは「女房役」とでも言いましょうか、とりわけ演奏面においては、互いに「ツーカーの仲」(互いの考えている事がよく分かるほど仲の良い様を言います)でなければ、バンド全体のクオリティーも下がりかねません。何を隠そう「リズム隊」という位ですから、この2つの楽器がバラバラであれば、楽曲が土台から揺らいでしまうわけです。

ベースは低音域の楽器なので、その周波数はドラムセットの「バスドラ」とほぼ同じです。そのため、一般的にはベースとバスドラのリズムがキッチリかみ合うと、心地よいノリが生み出されます。例えば、バスドラが「シンコペーション」で前の小節から食い込んで踏んでいる場合、ベースも同じくシンコペーションでリズムを合わせて弾く事で、安定感の中に躍動感を表現する事ができるのです。

リズムだけでなく、音色も合わせるようにします。ベースとバスドラは似たような周波数であるだけに、「合わせ過ぎると」互いの音が埋もれてしまいます。ジャンル等にもよりますが、互いがぶつかり過ぎず、且つ適度に分離して主張し合うようなサウンド作りが大切です。始めは難しいかも知れませんが、一緒に演奏しながら心地良い音を探しているうちに、ポイントがつかめるでしょう。

ちなみに、スネアの周波数はギターやボーカルとほぼ同じであると言われています。ドラマーとギタリストやボーカリストは、スネアを基にコミュニケーションを計ると、バンドのクオリティーが向上していくという事ですね。

こうして見ると、ドラムという楽器は他のあらゆる楽器と密接につながっていて、サウンドのカギを握っている事が分かります。まさにドラマーは、バンドの「司令塔」のように思えてきませんか?

ビギナーから上級者まで、一人一人のドラマーに合わせた安心のコンサルティング

http://www.music-ability-plan.jp/






シブい楽器「ベース」





ウメです。

「リズム隊」の一員として、ドラムとコンビを組んでいる「ベース」ですが、これがなかなかシブい楽器なんです。

ベースは、ギター等と同じ弦楽器です。ギターの弦の数が6本であるのに対して、ベースは4本(弦が5本の「5弦ベース」もある)ですが、一本一本の弦が太いため、ギターよりも低い音が出ます。

弦楽器なので音階があり、低音域ですがメロディーを演奏する事ができます。ただし、他の「メロディー隊」の楽器とは違い、基本的にはコード(和音)は鳴らしません。主にコードのルート音を確保しながら音階を奏でつつ、リズムを刻んでいく演奏スタイルです。

まさにベースの「シブさ」とは、リズム楽器でありながら、メロディー要素も兼ね備えている点にあるのです。決してそのサウンドに派手さはないものの、普段は楽曲の根底を静かに支え、ココ一番の勝負所では前に出て聴かせる…。そんな「いぶし銀」的な存在でしょうか。

と、まるでベースのコラムのようになってしまいましたが(笑)、ドラマーの私が熱を入れて説明してしまう程、ドラムとベースは密接な関係であるという事なのです。

ビギナーから上級者まで、一人一人のドラマーに合わせた安心のコンサルティング↓

http://www.music-ability-plan.jp/






新たなリズム職人、現る。





ウメです。

ドラムは、そのルックスやサウンドのどこを切り取っても、また誰がどう見ても、正真正銘の「リズム楽器」です(見た目が分かりやすい!)。ロック等のバンド形態の中では、率先して「ノリ」を作り出しているのです!

と、ここまで口酸っぱくお話ししていますと(かなりクドいですね私…)、さもドラマーだけがバンドの中でせっせと汗水垂らして、熱い「ハート・ビート」を刻んでいるかのように聞こえかねませんので…。

ここで新事実を。実はバンドの中にはもう一人、ドラマーと共にリズムをクリエイトしている「職人」がいるのです。一体誰でしょうか?

もうお分かりですよね…?

そうです。その正体こそ、ベースを奏でる職人!「ベーシスト」なのです。

バンドの中では、ボーカル・ギター・キーボード等の楽器を「メロディー隊」と呼ぶのに対して、ベース・ドラムを「リズム隊」と言います。

これら2つの「部隊」は、決して敵同士なワケではありません。互いに相対するのではなく、役割分担をしながら互いの欠点を補い合う事によって、「楽曲」という、より強い「大部隊」を作り上げるミッションを持った、まさに「戦友」なのです!

とまぁ、適度に熱くなってきた所ですが(汗)、リズム隊については次回以降に詳しく書いてみたいと思います。

 

ビギナーから上級者まで、一人一人のドラマーに合わせた安心のコンサルティング↓

http://www.music-ability-plan.jp/ 






ドラムは見た目が9割!?





ウメです。

以前に、ドラムは「リズム楽器」であるというお話をしました。まさに率先して「ノリ」を作り出す事こそがドラムの得意技です。また、バンド内で唯一の打楽器という事もあり(パーカッションがいる場合もありますが)、演奏者のアクションが大きく分かりやすい点も、ドラムという楽器の魅力の一つですね。

私が中学生の時にドラムを始めたキッカケも、他の楽器にはない「アクションが音に直結している感じ」が、ビジュアル的に衝撃的でカッコイイと思ったからです。そして、一番モテると思ったからです(笑)。サウンドとかリズムとかは二の次。とにかくパッと見の第一印象のみ!楽器を始める中坊の動機なんて、単純なものなんです(笑)。

でもこの「単純さ」って、実はすごく大切な事だと思っています。これは言い換えれば、「無邪気さ」でもあるからです。無邪気さは、ワクワクした楽しい心理状態を作り出します。ワクワクしているから、上達も吸収も速い。どんな事にも言えますが、私たちは悲しいかな大人になるにつれて、この根本のワクワク感を忘れてしまいがちです。

私がコンサルにおいて大事にしているのは、「自分のワクワク感に正直になる」「自分がワクワクできる選択をする」ためのサポートに力を注ぐという点です。

楽器の選び方一つにしても、事前にあれこれ情報収集等で準備を固めてから「理論的に」買うよりも、まずは「直感的に」コレが欲しい!カッコイイ!と思うものを手に入れた方が、うまくいく場合が多いのです。「自分で好きなものを選んだ」無邪気さが、高いモチベーションにつながるからです。そして、たとえ入口は直感的で単純であっても、モチベーションを持って続けていけば必ず、気付かないうちに深く專門的な部分まで突き詰めていける自分になっているのです。

私もモテたいという不純な動機で(笑)ドラムを始めたわけですが、喜んだり悩んだり試行錯誤して、色々な感情を経験してきた中で、ドラムという楽器の本当の楽しさや難しさ・奥深さといったものを無意識に知っていったんだなぁと、つくづく思っています(もちろん、まだまだ勉強中の身ですが)。

「好きこそ物の上手なれ」とあるように、好きな事に没頭するパワーは、計り知れないほど大きいという事ですね。

 

ビギナーから上級者まで、一人一人のドラマーに合わせた安心のコンサルティング

http://www.music-ability-plan.jp/ 






スネアの音量を上げるワザ②~後編~





ウメです。

こうして、私のドラム人生を大きく変えるキッカケとなる「オープン・リムショット」との出会いがあったわけですが、オープン・リムショットとは一体、スネア・サウンドにどのような効果をもたらすのでしょうか?

通常、スネアを叩く時はヘッドのほぼ中央をスティックの先端(チップ)のみでショットします。これに比べてオープン・リムショットの場合、ヘッドと同時にスティックの腹をスネアのふち(リム)にも当てる事で、ヌケの良いスネア・サウンドを得られるといったものです。要はスティックの2ヶ所を同時に使うわけですが(詳しい図面は教則本等を参考にすると分かりやすいです)、毎回安定してリムに当てるのが難しく、コツを掴むまでには多少の時間がかかります。しかし難しい分、習得すれば大きな効果を期待できるのです。

リムは大抵、金属でできているので、キマれば「カーン!」といった目の覚めるような心地良いヌケが得られます。まさにリムを「カマす」わけですが、ハードロック等のジャンルでは使う頻度の多い奏法なので、早めに練習しておいて損はないでしょう。私も基本的にはカマしまくっています(笑)。

 

ビギナーから上級者まで、一人一人のドラマーに合わせた安心のコンサルティング

http://www.music-ability-plan.jp/ 






スネアの音量を上げるワザ②~前編~





ウメです。

私が20歳だった時の話です。

当時、私は「ICARUS」というバンドのドラマーとして活動していました。主に都内や横浜のライブハウスで定期的にライブを行っていたわけですが、その中で、「渋谷La-mama(ラママ)」という老舗ライブハウスがありました。

ラママと言えば、あの「THE YELLOW MONKEY」や「Mr.Children」「スピッツ」等、数々のメジャー・バンドを輩出してきた、まさにバンドマンにとっての「聖地」。私たちICARUSのメンバーにとっても、ラママには特別な思い入れがあり、出演の日にはメンバー間に何とも言えない緊張感が走ったものでした。

そんなある出演日のライブ本番終了後。上々の出来だったステージに満足していた私たちは、意気揚々と、その日のライブの感想をラママの店長(当時)に伺いました。

「全然ダメだね。特にドラムの彼の演奏がダメ」

寝耳に水とはこの事でしょうか?予想外だった店長の言葉に、私は茫然としてしまいました。なにしろ、メンバー全員の前で名指しで否定されてしまったわけですから…。それまで培ってきたドラムへの自信と、バンドを引っ張ってきたという自負を見事に打ち砕かれて、まぁ当然、その日から数日間はヘコみまくったものでした(涙)。

しかし、ヘコんでばかりいても前には進めません。私は「店長を見返したい」ただただ一心で(笑)、猛練習を決意しました。その時、ライブの日に店長が言っていたもう1つの言葉を思い出したのです。

「スネアの音が弱いな。リムをカマさないとダメだよ」

「リムをカマす」とは、「オープン・リムショット」の事。それまで何となくは知っていたものの、深く考えた事はありませんでした。しかし、このラママ店長の叱咤や、オープン・リムショットとの出会いこそが、ドラマーとしての私を大成長させる、重要なキッカケとなったのです。

〜後編に続く〜

 

ビギナーから上級者まで、一人一人のドラマーに合わせた安心のコンサルティング↓

http://www.music-ability-plan.jp/ 






スネアの音量を上げるワザ①





ウメです。

今回は、「スネア・ドラム」についてのコラムです。主に初心者の方向けの内容です。

スネア・ドラム(通称:スネア)は、ドラム・セットの根幹を成すパーツの1つです(ちなみに、スネア・バスドラ・ハイハットの3つを「3点セット」と呼びます)。これら3点セットは、特に叩く頻度も高いだけに、そのサウンドが全体に与える影響は、「良くも悪くも」大きいものがあります。

ドラマーにとって、スネアのサウンド作りは「永遠のテーマ」であり、まさに「命」とも言うべきもの。それ程までに難しく、チューニング1つ取ってもあまりに奥が深いため、その辺の話は後日にゆっくり回すとして(汗)、今回はスネアの「音量」にスポットを当ててみたいと思います。

スネアの音量が上がるだけで、ドラム全体が引き締まり、楽曲のテンションも高まります。私も初心者だった高校生の頃、スタジオで録音したテープから流れる自分のドラムの「ペッタリ感」に愕然とし、「スネアのサウンドにもっと存在感を持たせたい!」と悩んでいました。そんなある夜の事、「LUNA SEA」のドラマー・真矢さんが、とあるラジオ番組でドラムに関して話していた内容に、思わず耳が止まりました。

「左手だけスティックを逆さに持つと、遠心力でスネアのショットにパワーが出るんですよ」

「スティックを逆さに持つだと!?」まさに目からウロコでした。そんな発想は、当時の私の中には全くなかったので…。そもそもドラム・スティックは、グリップ部分が握りやすいように太くなっていて、先に進むほど細くなっていくものです。さっそく逆さに持ってみると、案の定まあ握りづらいコト(笑)。

しかし実際に叩いてみてビックリ。真矢さんの言葉通り、今度は先端が太くなる分だけ遠心力がかかり、ショットの瞬間のスピードとアタック感が増し、音量も格段に上がりました。その分だけパワーも要りましたが、これは左手のトレーニングになると思い、しばらくはお気に入りでこのテクニックを活用していたのを思い出します。

他にも、「ドリームシアター」のドラマーであるマイク・ポートノイなどが、このグリップで演奏しています。皆さんも是非、試してみてはいかがでしょうか?

 

ビギナーから上級者まで、一人一人のドラマーに合わせた、安心のコンサルティング↓

http://www.music-ability-plan.jp/ 






スティックの選び方あれこれ





ウメです。

今日は主に初心者の方に向けて、ドラム・スティック選び方について思う事を書いてみたいと思います。

一口にドラム・スティックと言っても、楽器屋には無数のスティックが立ち並んでいます。あまりの種類の多さに、「何が自分に一番ピッタリなの?」と迷っている方も多いのではないでしょうか?

材質だけでも「ヒッコリー」「オーク」「メイプル」「カーボン」等があり、チップ(先端の形状)の種類も「ボール」「スクエア」「ティアドロップ」「トライアングル」等に分かれます。さらに色々な長さがあって…。

と、全部を1つずつ試す事ができれば良いのですが、なかなかそうもいきません。そこで私のオススメは、まずは自分の好きなドラマーやカッコイイと思うドラマーの「シグネチャー・モデル」を買ってみる事です。憧れのドラマーと同じスティックを使うという事には、「モチベーションを高める」という心理的な効果があります。

ちなみに、私がドラムを始めた当時に使っていたスティックは、YOSHIKIさん(ブラック)、本間大嗣さん(ホワイト)、五十嵐公太さん(ブルー)のシグネチャー・モデルでした。どれも好きなドラマーという理由もあったのですが、それに加えて、私の場合はスティックの「カラー」で選んでいた傾向が強かったと思います。とにかくスティックから目立ちたかった自分にとって、オーソドックスな木目ブラウンは地味に見えて仕方なかったのです(笑)。

このように、使っていて自分のテンションが上がるという事が一番大事。しかもシグネチャー・モデルから学ぶ事って、実はたくさんあるのです。

実際に叩き比べてみると歴然なのですが、YOSHIKIモデルはとにかく軽くできていて、あの高速ドラムに最適な感じ。本間モデルは長くて重めで、まさにハードロックに欠かせないラウドな音が出ます。その代わり、他のスティックよりライブで格段に疲れますが(笑)。五十嵐モデルは、小回りが利いてビートがホップする感じが心地良いスティック。

こうして見ると、シグネチャー・モデルとは、それぞれのドラマーのプレイ・スタイルにピッタリと寄り添っていて、まるで体の一部のようになっているのです。

シグネチャー・モデルに限らず、要は見た目からしてテンションの上がるスティックを選んでみるのも一つの方法だという事です。そこから学んで試行錯誤して、自分に寄り添ったスティックを見つけていきましょう!

ちなみに今の私は、巡り巡って比較的オーソドックスなTAMAのヒッコリー(まさかの木目ブラウンね!)を愛用しています。う~ん、大人になったもんだ(汗)。

 

ビギナーから上級者まで、一人一人のドラマーに合わせた安心のコンサルティング↓

http://www.music-ability-plan.jp/






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。