So-net無料ブログ作成
検索選択

「チャイナ・シンバル」で、ワイルド感を演出。

スポンサードリンク








ウメです。

「チャイナ・シンバル(通称:チャイナ)」とは、その名の通り、中国で使用されているシンバルです。主に「京劇」では、小さいサイズのシンバルに持ち手を付けて、キメの部分で演奏されたりするそうですが、ズバリ、それをドラムセットに組み込んだものが、このチャイナ・シンバルというわけですね。

何と言っても、チャイナの最大の魅力は、そのド派手でワイルドなサウンドでしょう。他のシンバル類と比べてサステインが短く、濁りのある音が出ます。濁りと言っても、抜けの良さを合わせ持った濁りなので、フレーズの要所でカウンター的に叩くと、目の覚めるようなインパクトが、とても気持ちイイ感じに聴こえます。

チャイナの独特なサウンドの秘密は、その「形状」にあります。他のシンバル類と大きく異なり、縁の部分が反り返っているのですが、これによって生まれる倍音が、チャイナらしいサウンドを作り出しているのです。

ただし、チャイナには幅広いサイズのものがある上に、メーカーによっても音質は全く異なるので、楽器屋で色々と試しながら、気に入ったものを選ぶと良いでしょう。特にチャイナはデザイン的にも派手でカッコ良いものが多く、とてもステージ映えするアイテムなので、あれこれ見ているだけでも楽しい気分になれますよ。

ライブでのセッティングは、やっぱりルックス重視!でいきたいですね。ちなみに、私は「SABIAN(セイビアン)」のチャイナをかなり高目の位置に立てて、腕を目一杯伸ばしてショットするのが好きです。また、サステインが短いので、単発のインパクトだけでなく、時にはビートを刻むのにも重宝しています。

セッティングの枚数や位置は、ドラマーによって異なります。特にチャイナの場合、表裏を逆にセッティングしたりするのもアリです。自分の好みやプレイスタイルと照らし合わせながら、ベストなセッティングを見つけていきましょう。


ビギナーから上級者まで。ドラマーの悩みに合わせた安心のコンサルティング↓
http://www.music-ability-plan.jp/






スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。