So-net無料ブログ作成

音楽を仕事にする。 ~中編~

スポンサードリンク








ウメです。

Aさんは、自身のギタリストとしてのスキルを活かし、何かできる仕事はないだろうか?と考えています。Aさんにとって、ギターとは時間を忘れる位に好きなものであり、かつてはプロ志向だったという事で、そこそこの腕前もありそうです。

それに加えて、「今の仕事にやりがいを感じない」「会社にかなりの時間を奪われている」といったネガティブな背景があります。今のAさんの場合、どちらかと言うと「俺はどうしてもギターで食いたい!」という思いよりも、「俺はつまらない現状から脱したい!」という思いの方が強いのかも知れません。

つまり、Aさんの中ではまだ「起業」といった発想はなく、仕事というものを「消去法」的に見た時に、「そりゃ、楽しくてストレスのない仕事の方がいいよね」と、漠然とした願望を抱いている段階です。

しかし同時に、Aさんは「好きな事を仕事にできる程、世の中は甘くないぞ」と強く思い込んでいます。実はこの思い込みこそが「クセ者」です。心の見えない部分でAさんに大きくブレーキをかけ、行動力をなくし、結局は現状維持の「つまらない世界」に引きずり返そうとする、悪の元凶なのです。

Aさんは、自分に対して一定の評価をしてくれ、家族を養うだけの給料を払ってくれている会社に対して「ありがたい」と思う事によって、自分を無理やり慰めているのに過ぎません。「生活のためには、好きな事は我慢するものだよ」と…。かと言って、ギターを仕事にしたいという淡い願望も消えないため、心の中は常にモヤモヤして晴れない状態となります。そして、時間だけが刻々と過ぎていくのです。

このように、「音楽を仕事にしたい」という願望の裏には、いくつもの思いが複雑に絡み合っているものです。特にAさんの場合は、奥さんと2人の子供がいるという事もあり、余計にブレーキがかかりやすい状況かも知れません。しかし、その葛藤を乗り越えなければ、いつまで経っても現状維持のままです。

これは、「会社員がダメだ」という単純な話ではありません。世間には、少数派ですが、やりがいを持って生き生きと、自分の仕事をしている会社員もいるからです。また、「どんな仕事でも、雇われている方が気が楽だ」と言って、人生をエンジョイしている人もいます。要は、それぞれの価値観の問題であり、どちらも社会には必要な人材なのです。

しかし、Aさんの場合は明らかに違います。自分の気持ちにフタをして、死んだように生きる事ほど、悲しい事はありません。「音楽を仕事にする」と言うと、何だか大それた事のように思うかも知れませんが、それは大きな勘違いです。いきなり起業する必要もなければ、斬新なビジネスモデルを考える必要もない。お金を使う必要もないのです。

大切なのは、好きな音楽活動をする事によって入ってくる「お金の流れ」を作る事です。金額の大小は全く関係ありません。音楽収入を得られる仕組みを、少しずつで良いから構築するのです。もし自分の音楽によって100円でも生み出す事ができれば、それは何とも言えない達成感となり、大きな自信となるはずです。

始めは細い流れであっても、一度作り上げれば、川の勢いは加速していきます。そうやって軌道に乗ってきたら、本業としてやっていけば良いのです。特に自分でビジネスをする事においては、0を1にする作業が一番の難題であり、だからこそ面白いわけです。まずは不恰好でも良いから、眠っている自分の才能を目に見える形にしていく。そのためのブランディングなのです。

~後編に続く~


ビギナーから上級者まで。ドラマーの悩みに合わせた安心のコンサルティング↓
http://www.music-ability-plan.jp/






スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。