So-net無料ブログ作成
検索選択

「女性ヴォーカル」という魅力

スポンサードリンク








ウメです。

私は15歳の時、中学校の同級生5人で「ICARUS」というバンドを結成しました。始めは下手クソなコピーバンドでしたが(笑)、16歳頃からオリジナル楽曲を作るようになり、次第にプロを志すようになりました。

何しろ、野郎だらけ5人のムサ苦しいバンドでしたから(泣)、常にメンバーの間では、「GUNS N’ ROSES」「MOTLEY CRUE」「Extreme」「Dream Theater」といったイケイケ男性Vo.のバンド話で持ち切りです。スタジオ練習後は決まって、2次回とばかりに朝まで音楽談義やエロ談義で盛り上がるわけです(笑)。

私自身も、ハードな男バンドが大好きだったので、ICARUSの楽曲を作る際には、そういったハードな要素とキャッチーな要素を、自分なりに合体させて消化する事を心がけていました。ハードなサウンドに、キャッチーなメロディーを乗せる。これが当時の作曲スタンスでした。

この「キャッチーな要素」へのこだわりについては、実は「女性Vo.バンド」という存在の影響が大きかったような気がします。当時の私は、男性Vo.と同じ位、女性Vo.バンドの楽曲も好んで聴いていましたから(あまりメンバーには言えなかったケド)。

洋楽で言えば、ダントツ「HEART」が大好きでした。ラウドなバックのサウンドに負けじと乗っかってくるアン・ウィルソンのパワフルなヴォーカル。それでいて歌をリリカルに「聴かせる」といったスタイルは忘れない…。まさに私の「ハート」をわしづかみにされた感じでした(笑)。

邦楽では、「レベッカ」や「リンドバーグ」、「ジュディ&マリー」等。やっぱり男性Vo.には決して出せない「繊細さ」みたいなものがあるんですよね。もちろん、パワーとか勢いでは男性の方が上。それぞれに違った良さがあるわけですね。

そんな中で、Vo.だけではなく、「メンバー全員が女性」というバンドも存在します。今でこそ珍しくない「ガールズ・バンド」ですが、繊細さに加えて、男性を凌駕する勢いとパワフルさを持ったバンドと言えば、後にも先にも「SHOW-YA」以外にいないのではないでしょうか?

SHOW-YAは、’85年にデビューしてから、「女性ハードロック・バンド」の先駆けとして、シーンを牽引してきました。2005年に再結成して、今でも精力的に活動していますね。ドラマーの角田美喜さんのツーバスなんか、まさに「男勝り」の一言です(笑)。

Vo.の寺田恵子さんは、先程のアン・ウィルソンと並んで大好きなロック系ヴォーカリストだったので、ソロ名義のアルバムも聴き込んでいたのを思い出します。

実は寺田さんとは、私が「Wishful BLank」で活動していた頃に(ちなみに女性Vo.バンドでした)、初台Doorsで行われたライブ・イベントで一度だけご一緒させて頂いた事があるのですが、案の定、その圧倒的な生歌に引き込まれて感動したのを覚えています。

女性Vo.のバンドを目指してみるのは勿論の事、ロックに限らずジャンルも多様化して、女性も気軽に楽器を楽しめる環境が整っている今だからこそ、気の合う「女性同士で」ガールズバンドを始めてみるのも面白いのではないでしょうか?

 

 

ビギナーから上級者まで。ドラマーの悩みに合わせた安心のコンサルティング↓

http://www.music-ability-plan.jp/ 








スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。