So-net無料ブログ作成
検索選択

グルーヴについて

スポンサードリンク








ウメです。

今回は、「グルーヴ(groove)」について書いてみたいと思います。

そう。「グルーブ」ではなく、あくまで「グルーヴ」です。どうでもイイ話ですが、個人的に「ウ」に「〝」が大好きなU+meです。「ヴィジュアル」「ヴィンテージ」「ベートーヴェン」…。この響き、何だかテンションが上がってきませんか?

と、雑談はさておき。

グルーヴとは音楽用語の一つで、「高揚感」を示す言葉です。私たちも音楽に触れる上でよく耳にする言葉ですが、「グルーヴとは何か?」と改めて聞かれると、思わず答えに詰まってしまいそうですよね。

グルーヴの意味を色々と調べてみると、主にドラムやパーカッション、ベース等のリズム楽器を対象としたもので、いわゆる「ノリ」を表す言葉である事が分かります。まぁ厄介な事に、「具体的な定義は決まっていない」との事なんですが、そもそもノリ自体に理屈や言葉は要らないわけで。「俺のグルーヴを感じろっ!」って事だと思います(笑)。

あえて言うならば、グルーヴ感というのは、演奏の中に「波」や「ウネり」が起こった時に現れるものです。ドラムに関して言えば、シンコペーションやスネアのアクセント等で演奏の流れに変化が起こったり、「ツッこむ」「タメる」といったドラミングの瞬間と言えるでしょう。

キッカリと規則的にリズムを刻んでいる中に、突如顔を出す微妙な「ズレ」こそが、スパイシーなアクセントとなるわけです。ここで言うズレとは、決してリズム感の悪さから来るズレの事ではありません。ある意味で「人間らしさ」と言い換えても良いと思います。

どんなにテクニックのあるドラマーであっても、機械ではないので、必ずリズムにヨレが生じます。その波打つ絶妙な軌道が心地よい緊張感となり、聴く者の心を高揚させるのです。

グルーヴ感溢れるドラマーになるためには、リズムやテンポの枠に収まり過ぎず、場面によっては思い切って「緩急」をつけてみたりする事で、フルに感情表現していくプレイが大切になってきます。


ビギナーから上級者まで。ドラマーの悩みに合わせた安心のコンサルティング








スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。